【コミック】電気自動車を体験!③ ~災害や過疎の救世主にもなる!?~

2021.06.17

日本がグリーン社会実現に向けて、掲げている目標の「2050年二酸化炭素排出実質ゼロ」。

とはいえ、生活の中にあるさまざまなものを見てみても、排出する二酸化炭素をゼロにするって、かなり大変なのでは……?と思うのではないでしょうか。

今までと同じ生活をしているだけでは、ちょっとやそっとじゃ達成は難しいのでは……ということで、身近な生活の中での“脱炭素”について考えます。

前回は今後、注目度が高まっていくであろう電気自動車(EVカー)について、地方在住で「生活の中の移動に車はなくてはならない存在!」という、漫画家の前川さなえさんに体験していただきました。

今回はそんな電気自動車を実際に作っている日産自動車さんに、もっと詳しく、アレコレ聞いてみました!

>>電気自動車の体験コミックはこちら→体験レポート➀ →体験レポート②

前川さなえさんEV1
前川さなえさんEV2

「柳さんは『電気自動車が社会に提供できるメリットは、一つ目に環境にやさしくなるべく二酸化炭素を出さないこと、 カーボンニュートラル。二つ目に、社会や地域が抱えているような課題を解決できる可能性があることです』と語ってくださいました。

これからの普及と社会とのマッチングが楽しみな技術なのです。

次回、後編に続きます……!

 


作家プロフィール

 

前川 さなえ

前川 さなえ

四日市市在住のイラストレーター。

ライブドアブログで日々更新中の『ぷにんぷファミリー』が大人気。
著作に『5歳だって女。』(KADOKAWA)など

Twitter:@puninpu
ブログ:http://puninpu.com/

取材協力:日産自動車株式会社


★さらに「電気自動車(EV)の非常用電源としての活用法」について知りたい方はこちら!


『災害時には電動車が命綱に!?xEVの非常用電源としての活用法』(経済産業省 資源エネルギー庁スペシャルコンテンツ)